15種類の新鮮な魚介が味わえる海鮮丼が魅力。金沢近江市場の人気店「山さん本店」

山さん寿司 本店 / 金沢市下近江町

2017/04/04
山さん寿司の海鮮丼

今日は金沢近江町市場で60年の老舗寿司店「山さん寿司本店」の紹介です。

やっぱり北陸といえば新鮮な魚介類!ということで、近江町市場に行ってきました。

お店は近江町市場の入り口にありとても分かりやすい場所にありました。

山さん寿司店前

かなりの人気店とのことで、11時には既に満席状態。けっこうな列ができていました。

山さん寿司の注意書き

中に入るとカウンターとテーブル席と座敷席がありました。

酢飯のいい匂いが食欲をそそります。

お箸に書いてある「金沢弁」がかわいい。

山さん寿司のおはし

今回席はカウンターだったので、注文すると目の前で板前さんが手際よく作ってくれるのが見れます。

目の前でてきぱきと職人作ってくれるのを見ていると否が応でもテンションあがります。どきどきわくわく。

さぁ「たぁんと、べまっし!!」

山さん寿司のおはし

甘い脂が最高、のどぐろ寿司

まずはのどぐろのお寿司(1貫500円)をいただきます。

軽く炙ってありすごい脂がのっているのがわかります。

山さん寿司のノドグロ寿司

塩がふりかけてありますので、お醤油をつけずにそのままいただきます。

メインの前に軽くいただくつもりでしたが、これがおいしいっ!!

食べた瞬間。感動で、言葉を失いました…!!

火が通っているのでほんのり暖かく、のどぐろの甘い脂と塩加減が絶妙で思わず笑みがこぼれます。

これでお腹いっぱいにしてもいい。いや、むしろしたい。

18種類の新鮮な魚介をあじわえる海鮮丼

のどぐろのお代わりを我慢しつつ、本日のメインの登場、これ!海鮮丼(2700円)です!!

こちらは地物や近海物など、新鮮な魚介類をこれでもかと載せまくり、金箔まであしらった豪華な海鮮丼です。

ネタがはみ出してるのがインパクトありますね!!

ネタは季節により内容が変わる場合があるとのこと。

山さん寿司の海鮮丼

後ろのホタテ貝が後光がさしているようで豪華さを倍増させています。(洗脳)

山さん寿司の海鮮丼

具はまぐろ・中とろ・ほたて・いか・数の子・ウナギ・たい・カンパチ・いくら・うに・ホタテ・サーモン・たこ・甘エビ・カニと超豪華。

山さん寿司の海鮮丼

どの具材も丁寧に乗せられており、まさに海の宝石箱のようです。

山さん寿司の海鮮丼

この豪華な見た目は観光にはぴったりですね。皆さん写真撮ってました。

山さん寿司の海鮮丼

豪華な具をかき分けるとやっとご飯が登場。酢の抑えられた冷酢飯でした。

お米は、地元能登半島産「こしひかり」と「のとひかり」をブレンドしたオリジナルとのこと。

上げ底してあるのでご飯は見た目よりは多くなく、女性でもペロリといけるかと思います。

逆に男性だと少し物足りないかもです。

山さん寿司の海鮮丼

当たり前の話かもしれませんが、お醤油も美味しいですね。

美味しいお寿司屋さんの醤油ってなんでこんなに美味しいんですかねー、こちらも能登で作られた地元産の逸品とのことです。

直にぺろぺろしてたい旨さです。

山さん寿司の海鮮丼

身はどれも新鮮で美味しかったですが、特に中とろが特筆すべき旨味とねっとり感を味わえた逸品だったことをお伝えして海鮮丼レポートの〆といたします。

山さん寿司の海鮮丼

噂に違わぬ満足度。近江市場でおすすめのお店

山さん寿司の暖簾

以上で近江町市場のお寿司屋さん「山さん寿司」の紹介を終わります。いかがでしたでしょうか。

市場のお寿司屋さんの出す海鮮丼ということで味は間違いありませんでした。

値段は高めで、並ぶことも多いかと思いますが、それを超える満足感はあると思います。

駅からもアクセスのよい近江町市場の入り口付近にお店があるので、観光気分を味わいたい方にはぴったりのお店ではないでしょうか。

ごちそうさまでした!!

お店情報
店名
山さん寿司 本店
HP
http://www.yamasan-susi.com/
住所
石川県金沢市下近江町68
電話番号
076-221-0055
営業時間
7:30~19:00
※材料がなくなり次第閉店
定休日
無休
席数
32席(カウンター、テーブル、和室)
駐車場

有料(※買物割引あり)
カード
不可
美味しいものはシェアしよう!
はてブ
Pocket